にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村

  

Posted by at

2012年03月31日

がん確定

掻爬(そうは)手術のために2泊の入院をしました。
そうは手術は子宮内膜を削り採って細胞を検査するためのもの。
手術前の内診で、先生は癌だと確信していたようです。
私が「ガンでなければ…」といった会話をすると
あっけなく「癌だとおもうわよ」とすっぱぎられました。
手術前に楽観的だった私は、愕然。。。。。
それでも、寝るしかない、翌日は手術だからね!


翌朝、

手術は全身麻酔で行います。

全身麻酔は初体験な私はドキドキしながら
歩いてオペ室に入りました。
先生も、その緊張を感じて「緊張するわよね・・・」等と
声をかけてくださっていましたが、
いざ、麻酔用のラインをとる段階で痛い。。。

そして麻酔が効く前に内診されても…痛い・・・
と、「痛い」と何度か言いながら、
麻酔が入るとね、なんと・・・
流れるのがわかるほどチクチク痛いのです。

しかし、痛いと言いながら寝てしまいました(笑)

目が覚めると・・・・
ドラマのように・・・
白い天井・・・ここはどこ?病室?の状態。
意識ももうろうとしたまま看護師さんに起こされましたが
またまた眠ってしまいました。

後から聞くと、痛がっていたので多めの麻酔を入れたそうです。

職業柄でしょうか…質の問題でしょうか・・・・
目が覚めたら必死で凛としようとする自分がいる。
「もう平気です」とか・・・ぼーっとしてるくせに言ってしまう。

それでも、自力でトイレに行くよう直ぐにトライしました。

しかし、やはり眠い・・・
何だかんだと昼過ぎまではウトウトしてたような。。。

とは言え、仕事も忙しいし気になるので
結局、ベッドで仕事していましたし、電話もしてた。
他者は午前中に手術をしたとは知らないし
知っていても忘れているものですから・・・
今は頑張り時!!!

と、遅くまで仕事してたら「ほどほどにね・・・」と
看護師さんから注意されちゃったけど
昼まで寝てたから眠れないし・・・・
お隣の部屋は術後の痛みがひどいらしく
何度もナースコールでバタバタしてるから
なんだか怖くて眠れないし。。。。

結局夜中に睡眠薬をもらって眠りました。

1週間後・・・・・

そうは手術の結果、細胞はガンだという結果でした。
明らかな結果が出ればあきらめもつくものです。
覚悟とも言いますかね・・・

先生もサバサバと説明されて
涙も出なかった。。。。

ま、覚悟はできていたのかもしれない。



覚悟はできてきたけど
仕事はパニック状態に陥り
オープン直前に
ナーバスにはなっていられない!
結果を聞いた足で、開校決起ランチ会へ合流です。

みんなには気がつかれないようにテンションあげて!

だっておめでたい席ですし
私事でモチベーション下げたくはないですからね。
みんな、頑張ってくれることを祈っています♪




  

Posted by SweetColor at 21:52Comments(2)

2012年03月31日

子宮がん検診

長男を出産後に見つかった子宮頚がん手前の異形成。
かれこれ7年は定期検診に通っています。

今年初の検診は二男の誕生日でした。

最近の体調不良として
調べてみたところ子宮内膜症の症状が気になっていたので
主治医に質問してみました。

「いつもの検診で子宮内膜症などわかるものですか?」
Dr
「それはわかりません、子宮内膜症は腹腔鏡などでお腹の中をみないと・・・
私は子宮内膜症の専門ではないですしね」
「もちろんそれはわかっていますが・・・」

と、いつもの内診に向かい診察が始まったら
先生が
「子宮壁が厚くなっているようだから今回は奥のほうも調べましょうね」
これが子宮体がんの検査です。
この検査、痛いんです!!

私は子宮内膜症だと思っていたので
仕方がないのかと・・・
ぐったり疲れて検査を終えました。


検査結果が出るのは1週間後
はがきでお知らせがきます。

そこに書いてあったのは
細胞異常あり
詳しい検査のための説明をしますので●月●日か●日にいらしてくださいと。

いつも夫が付いてきてくれるのですが
その日は都合が悪く、私一人で説明を聞きに行くことになりました。

説明当日
診察室に入ると主治医が、異常が出たことを再度説明され
子宮内膜増殖症か子宮体がんの疑いがありますと・・・・

???????なに?

唖然としているところに夫が不意に登場し
一緒に説明を聞くことになりました。

現時点ではどちらとも言えないので
子宮内膜そうは手術をする必要があり、
入院し、麻酔をして簡単な手術をするとのこと。

最終的には・・・・
子宮全摘出だと宣告され、頭が真っ白になりました。
自然と涙も流れました・・・・

私、まだ42歳
女でありたい・・・・

がんかもしれない・・・・

説明が頭に入りません。

それでも、決断は必要なので
必死に冷静さを取り戻し、検査入院の日程を決めました。


こんなこともあろうかと・・・・
診察室に入るときにスマホのアプリで録音をしていました。


夫も私もキツネにつままれた気分で
ぼーーーーーーーっとなったまま。

入院前の検査に回されました。

血液検査
心電図
肺機能
胸部レントゲン

3年前叔母に付き添っていた検査室に、私が入ることになるとは・・・
しかも同じ子宮体がんの可能性。
叔母の手術後、摘出した子宮もがんも直視した事を思い出しました。

しかし、これも現実
私自身の身に病がある。

向き合わねばならない。

子どもたちのことも心配だし
今手掛けている新設スクールも一番忙しい時期
それもまた現実

逃げては解決にならない。。。。
病はそこにあるのだから。
  


Posted by SweetColor at 21:46Comments(0)

2012年03月31日

術後

手術後4日が経ちました。
ICUにいるときは1時間ごとにチェック受けたりと、
私の人生で2番目に手をかけてもらっているような気がします(笑)
1度目は生まれたときですね^^♪

というものの・・・・
本当にしんどいし、眠いし・・・
眠いのに1時間ごとのバイタルチェックはヘビーです。
やっと目を閉じて寝た…と思ったら、すぐにまたチェックに来る。

当然なんだけれど、ゆっくり寝させておくれ・・・・・です。

あの血圧計のバリバリってマジックテープをはがす音がうるさいのface07

1日目はあまり記憶がないほど
「寝る」のみでした。

ICUに2泊しましたが、暇!!
というか・・・退屈…
日頃、じっとしているままなんてないわけでしょう。
CDやラジオが聞けたり、するんだけど
amラジオの2局位しか入らなくて英会話と韓国語とか。。。

せめてラジオでも聞いていないと・・・
隣のカーテン越しのおばあちゃまが煩いの。
幻聴、幻像、とかでショッチュウ「かんごふしゃーん」と
呼んでるし、そのお隣ではイビキ・・・・

だから、イヤホンでもしておかないと
精神的にもしんどいわけです^^;

テレビも専用カードを買って持ち込めばいいらしいのだけど
聞いてなかったし^^;

仕事のことも気になって仕方がない。

手術前日に送信した書類に間違いがあったことに気が付き、
なお、気になって仕方がなく・・・(+o+)

ICUをでたら直ぐにPC出してくださるように
看護士さんにお願いした私。


後で聞くと・・・・これは先生も看護師さんも予想してたそなface02


でもね・・・・・・
さすがにね・・・・・

PC開いて間違いを修正すすのにも
時間がかかるし、すぐ疲れる。


長文なんて打ってらんない。
できることなら、メッセージすら書かずに添付送信したいくらい。


今このブログを書くのも2度に分けて書いている様。

体力が消耗しているのですね。



だって、脊髄ブロックの痛み止めが抜けたら
もう痛くて痛くて・・・・・
傷口も痛いけど、腹筋がとにかく痛い。
腹筋も切ってるから、どんな動きにも
腹筋を使うことに驚く・・・・それほど痛い。

点滴や座薬や飲み薬と
いろいろな痛み止めを試しています。

まだまだだろうね、この痛み。  

Posted by SweetColor at 13:24Comments(0)

2012年03月27日

手術

手術当日がやってきました

前日から食事もおかゆ~おもゆになり
おなかも空っぽにする為の下剤を飲まされるため
忙しい!

前日まで仕事をしていたので
パソコンで作業しながらトイレとお友達。。。
夜中もね。。。

おかげで寝不足よ。。


まぁ、嫌ってほどこれからは寝るでしょうから・・
ま、いっか^^;


しかし。。。
前日の夕方に息子たちが来てくれたけど
離れるのが辛かったなぁ・・・

元気なうちに子供たちと過ごすにも
仕事に追われてゆっくりできなかったこともあり
申し訳ない気分でいっぱいでした。

せめて夜はいっぱいいっぱいハグして
一緒に寝ていたけど、
やっぱり、当然、彼らも不安のようです。

前日の夜は「ママのとこにお泊まりしたい!」
と、なかなか離れようとしない息子たち。

チビ王子は、ママにプレゼント!と
ハートの折り紙を折ってきてくれました。
病室ではお絵かきをしてくれました。

兄王子も
「僕はママが大好きだから絶対絶対がんばってよ!
おばあちゃまみたいに亡くならないでよ」
と、不安みたいです。

私自身は不安になってはいられないから
妙な気合が入っています!

転んでもタダでは起き上がらない!
この体験を活かして・・・
病後の回復や、術後の体調管理、術後の美容法など・・・
私なりに、私らしく・・・
活かしていきます!!


お昼から手術です。
がんばってきます!!!
  

Posted by SweetColor at 08:07Comments(0)

2012年03月27日

入院

本格手術のために3月23日に入院しました。
この日は・・・・
友人のスクールデビューだったので
見届けなくてはならないから、午前中は職場。
お昼過ぎに夫にお迎えに来てもらい、ランチをして入院です。

入院前日に、CTスキャン検査がありまして
人生初のCT!!!
造影剤を使って検査するのですが
ドーム型の機械に入ることはさほど恐怖ではなかったけど
造影剤の液が・・・
あっという間に体中に流れていくのが感じられて
体の中が熱くなっていくのです。
まるで…急にアルコールを注入されたような感覚

アルコールといっても、私の大好きなワインではなく
消毒剤のような感じがする(苦笑)

それが気持ち悪くて違和感だったけど
数分すれば何とか落ち着いて、検査も無事に済んだ。

帰宅後に病院からの着信歴があり
コールバックしても「かけていないとのことです」と・・・
不思議な着信があったので気になっていたのですが、
私に繋がらなかったから夫にかかってきたらしく
「入院当日は説明の時間に限りがあるのでできるだけ早く来てほしい」

そんな電話があったらしい。。。。

遅い時間になって、その意図が気になり...

まさか、CTの結果が悪かった???


ドキドキしながら当日病院へいく私。。。

結局、先生がせかしたかっただけのようです^^:




そして、手術の説明を夫とともに聞き
手術の同意書にサインをして入院。
この日は、採決と内診、問診のみ。

翌日は土日で外泊許可。

23日に入院する意味はあるのか・・・?
部屋代がもったいないじゃん!!!

そんな矛盾が多いのが病院なのでしょうか。。  

Posted by SweetColor at 07:53Comments(0)