にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
にほんブログ村

  

Posted by at

2014年02月13日

リンパ浮腫の前兆?

今朝は何だか不調なんです
左側だけが浮腫んでいるいる感じで
特に左腕は浮腫みだしてジンジンする感じなの。
微妙に力が入りにくいし。

最近ドラマでALSの主人公が
力が入らなくなっていくって・・・・

そんなドラマ観てるから余計に心配になっちゃうし・・・

足はマッサージしているから
比較的浮腫みは少ないのですが
この腕の浮腫みと痛みはなんだろう?

これがリンパ浮腫の前兆なのかな?  


Posted by SweetColor at 12:20Comments(0)

2014年02月10日

がんサバイバー

NHKのハートネットTVで今月はがん特集みたいです。

がんサバイバーという言葉を初めて聞きました。
がんと告知されても普通の生活がある
「死」に向かう生活ではなく
充実した生活をおくることにスポットをあてるのだそう。

アメリカではがんサバイバーはポジティブにとらえられ
「がんが発見された時から命が尽きるときまでサバイバーであり続ける」
時には癌であるとつたえれば「Congratulations!」と
言われることもあるのだそうface08

見つかってよかったね
今、生きていること
充実した人生を送る事・・・

など等・・・Congratulations!なんだね


がんが見つかったとき
一瞬真っ白になり・・・
生きれるの?死が近いの?
手術?抗がん剤?脱毛?やせ細る?
子ども達どうしよう、夫大丈夫かな、仕事できない

色々なことが過ぎりながらも
やっぱりネガティブなことばかりが先によぎりました。

その後、現実逃避のように
がんではないかもしれない
誤診かもしれない
病院変えたら全摘しなくてもいいんじゃない?

そんな私のふら付いた心をバッサリと主治医の女医さんは
「そういうことではなく、私は癌だと思うわよ。がんを腹腔鏡で取るとか、福岡ではないわよ」
(当時は本当になかったのかもしれません)

この時点でショックでしたが開き直って
今何をしなくちゃならないかを考えました。
その時に考えていたことが正しいかどうかは別として
家庭のことも仕事のことも・・・
〇手術前にしておきたいこと
〇退院後にどのように復帰していくか
一生懸命考えていました。

実際には当時考えていたことは空回りで、焦ってばかりでしたが。

術後は、身体がしんどいのもあるし
喪失感も大きくて、何もしたくなかったり、
したくないのか出来ないのかも判らなかった。
仕事もプツンと糸が切れたかのようにしたくなかった。
いざ、仕事復帰しようとしても・・・怖かった。


しかし、こんなにも自分の人生や家族のことを一生懸命に考えるって
がんになったからこそでした。
がんサバイバー。
この言葉を直訳すればがんの生き残りですが
がんと向き合って充実した人生をおくるという点で
私のも良い機会だったように思えます。

現在も、自分の健康や、家族とのつながりを大事にしたいと
家族中心の生活をと軸を見つめなおすことができました。

これもギフトだったのでしょうね♪


こんなことを書いていると一層家族が愛おしく感じちゃいます♪





  


Posted by SweetColor at 14:20Comments(0)